ランドプラン landplan

敷地内の”ゆとり”を活かし、美しさと機能性を両立

1.平面自走式駐車場

わずらわしい機械操作がなく、待ち時間のない自走式駐車場。よりスムーズに利用できるよう、住宅棟と結ぶ渡り廊下が設置されています。

2.駐輪場

620台分の内70台はミニバイクも置けるサイクルボードが設置されています。南北2ヵ所に出口が設けられ、利便性が向上しています。

3.サイクルポート

ミニバイクや三輪車も置けるスペースです。

4.シャッターゲート

車のセキュリティに配慮された、出入口に防犯効果の高いシャッターゲートが設けられています。

5.ゴミドラム

脱臭装置と換気扇が備えられたゴミドラム。24時間いつでもゴミ出し可能で朝の忙しい時間を避け、夜のうちにゴミ出しができます。

センイシティーの記憶の継承

ファブリック(織物)柄をモチーフにした、美しい5つのグリーンガーデン

A.ボーダーガーデン

高低差を活かした立体的な緑景

B.ドットガーデン

共用廊下を彩る花と緑のコリドー

C.ストライプガーデン

洗練された表情のカーエントランス

D.チェッカーガーデン

ボックス状の緑を積み重ねた立体庭園

E.アーガイルガーデン

竹の支柱で沿道をやさしく緑化

日常に安らぎをもたらす個性豊かな植栽プラン

5つのガーデンをはじめ、敷地内にはさまざな木々や草花が植樹されています。自然の優しい薫りと、色鮮やかな彩りで、安らぎの風景が演出されています。
※樹種は変更となっている可能性があります。

通風・採光に配慮された約8mのゆとり

幅員約20mの広々とした南面道路からさらに8mの間隔が設けられた、ゆとりある住棟配置となっています。
※敷地配置図は住宅地図と計画段階の図面を基に描かれたもので、実際とは異なります。なお、植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現況と異なる場合があります。