共用施設 facilities

洗練された心地よさを、日々の暮らしに

メインエントランス

人を迎え入れる玄関スペースは、第一印象として深く記憶に残ることから「住まいの性格を映す鏡のようなもの」と言われます。このタワーの玄関口であるメインエントランス前には、「伸びやかな開放感」という大らかな暮らしを象徴するオープンスペースが設けられています。翼がイメージされたシンボリックな大型庇の左右を、大きなシンボルツリーから続く瑞々しい緑景がシンメトリーに広がってゆくデザイン。インターロッキングの歩道とも美しいコントラストを奏でています。明るく、伸びやかで、スタイリッシュ。その奥にある上質な安らぎを予感させるエントランスが、「プラウドシティ新大阪」の顔となります。

エントランスロビー

建物内に足を踏み入れエントランスホールを抜けると、そこは、天井高約5.4mの吹き抜け空間「エントランスロビー」です。自然光を巧みに採り入れる空間デザインで、上質ながらも優しい雰囲気に仕立てた開放的なスペース。2Fに設けられた「ブックラウンジ」「キッズコーナー」とスムーズに行き来できる他、窓の外に広がるオブジェのような鑑賞庭園「チェッカーガーデン」をお楽しみいただけるラウンジスペースも用意されています。とりわけ用事はないけれど、つい足を運んでしまう・・・。そんな”居心地のよさ”が追及された、明るく穏やかな空間です。

スカイテラス

タワーレジデンスならではの雄大なスカイビューを、あなたの日常に。そんな想いで最上階の展望フロア「スカイテラス」が設けられています。南側には視界を遮るものがなく、梅田をはじめ都心を一望することができます。気分がスーッと晴れやかになる昼のリフレッシュシーンから、夜は一転して優雅なドラマティックシーンへ。夏には、夜空を華やかに彩る嬉しいサプライズもあり、至福のひとときを演出します。この美しい別世界は、エレベーターに乗って空へ向かうだけ。自宅からわずかの距離に、その非日常があります。

スカイラウンジ

大規模マンションの場合、建物の低層部に共用スペースを設けるケースが一般的ですが、「プラウドシティ新大阪」では”眺望”をお楽しみいただける空の共用スペースが充実しています。大型のアイランドキッチンが中央に備えられた「スカイラウンジ」は、パーティ開催をはじめ多目的にご利用いただける最上階のコミュニティスペース。窓外のウッドデッキと繋がる開放的な雰囲気を抱きつつ、壁面はタイル貼りとなり上質な空間になっています。

ゲストルーム

「スカイラウンジ」の隣りには、落ち着いた印象にまとめられた「ゲストルーム」が用意されています。浴室がビューバス仕様となっている他、洗面室・トイレの壁面の一部が石調タイルで演出されています。招いたゲストに「また来たい」と思ってもらえる、ホテルさながらの優雅なしつらえにもこだわりが感じられます。

ブックラウンジ

喫茶店やカフェに、毎日欠かさず通う人がいます。それは、”居心地のいい空間”との出会い。とりわけ用事はないけれど、つい足を運んでしまう・・・そんな使い方がができる空間が「ブックラウンジ」です。「その小説、おもしろいですか?」そんなひと言から生まれる交流もあるかもしれません。

キッズコーナー

子供たちは年中無休。雨の日だって、元気いっぱい遊びたいものです。そんな子供たちの遊ぶ姿を安心して見守ることができる「キッズコーナー」、小学生対象の自習スペースを確保した他、お母さんたちの談笑スペースが設置されています。育児のお相談から、趣味の話まで・・・話題は尽きそうにありません。

防災備蓄倉庫

一般家庭では購入しにくいものや普段では使われることがない、マンション内で災害時のみ使用されるものが格納されています。

カーシェアリング

自動車を共同で利用するカーシェアリングサービス(会員制レンタカーサービス)が導入されています。短時間でのご利用に便利です。

自動車充電スタンド

次代のカーライフを見据え、電気自動車専用の充電スタンド22台分が設置されています。

シェアグッズの貸出

自宅で収納するには少し負担になる「脚立」や「荷台」などの貸し出しサービスを利用できます。
※共用施設のご利用は一部有料となります。またご利用時間に制限があります。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現況と異なる場合があります。