構造 structure

安心と資産性を守るために

安全を支える竹中工務店の「免震構造」

地震による地面の激しい揺れが上部の建物に伝わりにくいように工夫された免震構造が採用されています。建物と基礎を切り離し、その間に免震構造が設置され建物に入る地震動が低減される仕組みです。
地震時にゆっくり水平に動くため建物の損傷がほとんどありません。
家具の転倒による二次被害を防ぎ人命を守ります。

地盤調査

将来にわたって安全・安心な暮らしを過ごすため、マンション建設前に地盤調査会社による地盤調査が行われています。地盤調査が入念に行われたうえで、建設場所の地盤性状に適した建物の基礎が選ばれています。

試験杭

場所打ちコンクリート杭が設計通りの支持力を発揮する為には、杭の支持地盤や杭を造成するための孔壁の掘削状況、および深さが重要な要素となります。試験杭の検査では、設計通りの支持地盤であることを野村不動産の構造担当者が立会い、確認しています。また、目視確認が不可能な掘削した孔壁形状は超音波を使って形状の確認が行われています。

コンクリート杭

地盤調査結果により、支持地盤は地表面から約45mの「洪積砂質土層」となっています。「プラウドシティ新大阪」は、この「洪積砂質土層」に、杭径1,400Φ~1,600Φ(軸径)(直径1.4m~1.6m)の場所打ちコンクリート杭が打ち込まれています。
※ゴミ置き場棟を除く

溶接閉鎖型帯筋

溶接閉鎖型の柱帯筋とは、工場で帯筋を溶接することによって、つなぎ目がない形にして主筋を束ねるものです。

ダブル配筋

耐震壁の鉄筋はダブル配筋となっています。シングル配筋に比べひび割れが起きにくく耐久性が高まり、強い構造強度が得られます。

かぶり厚さの基準

鉄筋コンクリートの梁や柱などにおいて一番外側にある鉄筋からコンクリート表面までの厚みをかぶり厚さといいます。コンクリートは打設したときはアルカリ性で、鉄筋の錆を防ぐ働きがありますが、空気中の二酸化炭素と反応して表面から年数をかけて徐々に中性化していき、鉄筋が錆びやすくなります。適正なかぶり厚さを確保することで鉄筋の位置までコンクリートが中性化する年数を長くし、耐久性が確保されています。

劣化対策等級「3」

コンクリートは水・セメント・骨材からなり、セメントに対する水の比率(水セメント比)が少ないほど、耐久性の高いコンクリートになります。「プラウドシティ新大阪」では、主要構造部のコンクリートを作るときの水セメント比を50%以下(杭を除く)に抑え、さらに鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚さを適正に確保することで住宅性能表示〈劣化の軽減に関すること〉の項目において、劣化対策等級3が取得されています。これは、通常想定される自然条件及び維持管理条件の下で、3世代(おおむね75年~90年)まで構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策が講じられているということを意味します。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現況と異なる場合があります。